スポンサードリンク
   


日本人の平均について


今回は平均身長体型についてです。
体型を形成する要素の一つである身長とは、当たり前のことをあえて言いますが、人がまっすぐ立った時の地面から頭のてっぺんまでの高さです。
地域や民族または習慣によって平均身長にずいぶんと差があります。
時代の変化によって平均身長は変化しています。
平成の日本人の平均身長は10センチ近くも、昭和20〜30年の日本人の体型と比べると伸びているようです。
身長が変わってくる要因は、成長ホルモンの分泌だと言われてます。
しっかり栄養を摂取し、頑丈な骨とそれを支える筋肉を十分な運動をしてつくることが、身長を平均以上にするには不可欠です。

しっかりした体型をつくり骨の成長を促進してくれる運動は、成長ホルモンの活動を促するといいます。
新しい骨を作れる体にまずすることが大切であり、身長の伸びとは骨の伸びだといえます。
たくさん摂取したほうが良いのが、世間一般的に言われているのがカルシウムミネラルです。
ミネラルは海草類、カルシウムは乳製品にたくさん含まれています。
そして、睡眠は、身長を平均以上に伸ばしたい場合に鍵となるものです。
夜中、寝ている間にもっとも活発に活動するのが、成長ホルモンです。

成長ホルモンの分泌が、睡眠時間が不足気味だったり不規則ではうまくいかず。身長の伸びや体型に影響があると最近は言われています。
ただ、平均的に人間の体型がどのような仕組みで決まっているかはまだ色々説があるようで、まだ解明されていないのがはっきりしたメカニズムなのです。


私の個人的な意見はやはり、遺伝が大きいのかと思っています。それと、成長期(13〜18歳)にあまり筋肉を付けると、身長が伸びないと言われました。
posted by エステサロンはどう?? at | エステや美容について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


お試しセット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。